web面接体験談(就職)

61〜64 / 64件
就職
Skype / アルミ
パソコンは所持していますが、WEBカメラなど持っていなかったためスマホで行いました。やはり画面が小さくてよく見えなかったり、音声のやりとりが聞き取りづらかったりで会話がうまくいきませんでした。準備不足だったというのもありますが、ヘッドセットやヘッドフォンは用意した方が良いですね。スマホ本体のスピーカとマイクでは音質も悪く、聞くにも話すにも難儀することは必須です。パソコンとWEBカメラがあるなら、間違いなくパソコンでやった方が賢明です。あと気を付ける点は自分が映るけでなく、自分の背面(自宅のどこでやるか)にも気を付けましょう。あらぬものが映らないとも限りませんので、布か何かで隠しておくとか対策した方がいいと思います。
就職
Skype / sorani
Web面接をして、良かったと思うことは対面の面接と違って気持ちが楽な所と、対面の面接ほど事前の準備が必要じゃないことです。対面の面接は身だしなみやいすの座り方や姿勢を気にして相手と話さないといけないですが、Web面接は上半身が写っていたらいいので座り方や姿勢を気にしなくていいので気持ちが楽です。あと、下半身が写らないのでスーツを着ていなくても大丈夫なところも楽な所です。逆にWeb面接をしていて嫌だなと感じたことは、会話に遅延が生まれることと両者の回線が安定していないと通話にならないことです。あとはスマホの内蔵マイク等で話すと、音質が悪く聞き取りずらくなってしまう所です。なので、回線を極力いいものにしてマイクを買っておくといいです。
就職
Microsoft Teams / 片山 健司
私は、面接官として、コロナの前から複数回Web面接を行っています。私自身、インドネシアで駐在しており、財務、会計に強い方や通訳、翻訳ができる方を候補にすでに20人以上と面接しています。Web面接の際、1日に複数の面接を行うケースがあり、予定通りの時間で始まらないことが多々あります。主催者側である、こちらの都合だったり、前の面接で時間が押したりと原因は様々です。通常の面接であれば、たとえ複数人の面接の場合でも進捗状況は掴めますが、Webの場合は状況を把握できないのがネックです。予定開始時間が遅れたことで、候補者の態度が表情に表れているケースもあります。気を付けましょう。面接官はあなたの反応を見ています。また、Web面接の場合、面接官が複数人になる事が良くあります。Web面接であれば写っている画面の下は見えないので面接官が複数の場合は面接官の名前をメモって、覚える努力をしましょう。最後に質問はありませんかと面接官が聞いたときに○○様に質問なんですが、と言われるとドキっとします。好印象ですよ。
就職
Skype / narken
いろいろと事前対策が必要だと感じたweb面接でした。まず、web面接は断然パソコンをおススメします。パソコンの方がネット回線が安定しているし、カメラがぶれにくいです。回線が一定なので、面接中にとぎれとぎれになることが少なかったです。Wi-Fiはつなぐべきですが、なるべくポケットWi-Fiではなく、有線LANを利用した方が通信が一定でトラブルを防げます。私の場合、パソコンが古く回線まわりが心配だったため、直接パソコンにLANケーブルをつないだところ、回線速度が大幅に上がりました。web面接本番では、会話において、普通の面接よりも間をあけて離さないと、相手と被ってしまって印象が悪くなってしまいます。そのため、ゆっくり話すよう心がけた方がいいです。加えて、逆に考え込んでしまうと話すタイミングを逃してしまい、返答が難しくなることがあります。以上の項目を心掛けて面接に挑んだ結果、web上での会話がスムーズに進み、無事一次面接を合格することができました。事前準備もそうですが、何度もweb面接の予行練習をしておくことが大事です。
MENU